セキュリティ面を考えて選ぶなら管理者の常駐の有無を確認

不審者の侵入を防げる!管理者の常駐有りのトランクルームを選ぶ

大事な物品を預けるとき、セキュリティ面が万全なトランクルームを選びたいと考える人も少なくないでしょう。借りる部屋を選ぶ際は、防犯カメラは必要な場所に設置されているか、鍵のタイプなどからトランクルームを選ぶことも大事ですが、管理人が常駐しているかどうかのチェックをすることも忘れてはいけないポイントです。管理者が常駐しているだけで、セキュリティ面はぐんとアップし、安全性が高まります。不審者も管理人が巡回しているトランクルームにはあまり近づこうとは思わないため、侵入しづらくなります。大事な荷物の盗難防止につながるので、セキュリティ面を第一に考えるなら、管理人が常駐している方が良いため、事前に確認しておくようにしましょう。

管理者が常駐するトランクルームを選ぶコツ

トランクルームは、屋外と屋内のタイプがあります。屋外のトランクルームは管理会社のスタッフが定期的に施設の管理のために巡回するところはありますが、基本的に管理者は不在であることがほとんどです。屋内タイプの場合は、管理者が常駐していて、セキュリティ対策に力を入れているトランクルームもあります。安全性の良いトランクルームを探すときは、屋内タイプを選ぶとよいでしょう。管理者が常駐しているといっても、営業時間中ずっと管理者がいる場合や、数時間のみ管理や巡回をするというところもあります。管理者の滞在する時間によって、防犯の抑止力にも影響が出てきます。トランクルームによって、管理形態はそれぞれ違うので、契約する前に調べておく必要があるでしょう。

レンタルコンテナを利用すると、家にある物を一旦保管したり、季節ごとの電化製品や家具など一時保管もできるので家の中がすっきり片付きます。