預ける荷物に合わせて屋内型か屋外型のトランクルームのどちらかを選ぶ

デリケートなモノや大事なコレクションは屋内型がベスト

「トランクルームに預けたい荷物があるけれど、屋内型と屋外型か、どちらを選べばいいの?」と迷っている人もいるでしょう。後悔せずに最適なトランクルームを選ぶには、屋内型と屋外型のそれぞれの特色を理解し、荷物の種類に合わせて決めるようにするとよいでしょう。屋内型のトランクルームは、屋外型のように天候による雨による水漏れ、温度変化によるカビなどの発生の心配が少ないです。屋内型のトランクルームによっては、温度や湿度調整がされているスペースを借りることもできるため、保管する荷物の変形や劣化も防げます。

衣類や布団などの布製のモノや、書類やアルバムなどの紙製品、その他に貴重品や趣味用品など、デリケートな素材のモノや大切なコレクションを預けたい場合は屋内型のトランクルームに保管するのが向いています。

耐久性のあるバイクやレジャー用品は屋外型が最適

屋外型のトランクルームは、季節や朝晩の温度変化、天候の影響を受けやすいです。ですから、湿気により錆やカビに強い、耐久性の良い荷物を預けるのに向いているでしょう。たとえば、工具用品やDIY用品、園芸用品などを保管するのが良いです。そして、屋外型は広々としたスペースを借りられる場合が多いです。大型のバイクや自転車もゆとりのある屋外のスペースで保管できます。

そして、キャンプ用品からサーフボード、スキー用品や釣り具など、レジャー用品を一式収納するのにも向いています。屋外型は車で荷物の積み込みがしやすいので、旅行に行く時にレジャー用品の準備がしやすいでしょう。屋外のトランクルームは、ホコリや塵が入ってきやすいため、荷物にカバーをかけたり、袋に収納して保管した方がよいです。

最近、バイクガレージが増えてきているのをご存知でしょうか。月々の料金も借りる広さにもよりますが、5000円程度からレンタルできるので、憧れのガレージライフを踏み出してはいかがでしょうか。